nirui

研究室・教員紹介

研究室一覧

▲ページの最初へ戻る

教員一覧

電子システムプログラム →概要

研究室名氏名職名研究
量子多体物性 高根 美武教授メゾスコピック系における量子輸送現象の理論的研究
西田 宗弘准教授超伝導系・電荷密度波系における量子ダイナミクスの理論的研究
井村 健一郎助教量子輸送論における新概念の構築とその工学的応用に関する研究
量子光学物性 角屋 豊教授半導体・ナノ光物性とデバイス応用および量子光学に関する研究
ホフマン・
ホルガ
准教授量子光学,量子情報の理論的研究
富永 依里子助教半導体薄膜の結晶成長と光物性および光学デバイスに関する研究
量子半導体工学 東 清一郎教授薄膜半導体プロセスに関する研究と電子デバイス応用
花房 宏明助教新・薄膜作製技術の創生とその制御、およびデバイス応用に関する研究
水川 友里助教半導体薄膜製作の新規技術開拓およびそのデバイス応用を目指した研究
電子デバイス工学 天川 修平准教授デバイス評価,モデリング,シミュレーション,回路理論に関する研究
量子機能材料科学 鈴木 仁准教授ナノ構造の構築とその分析・評価技術,分子機能の応用の研究
坂上 弘之助教半導体表面の原子オーダー制御とナノ構造形成技術の研究
先端集積システム工学 藤島 実教授ミリ波・テラヘルツを用いた超高速無線集積回路に関する研究
佐々木 守准教授アナログ集積回路の解析,構成,設計
吉田 毅准教授低電圧動作・低雑音アナログ回路設計技術の研究
李 尚嘩助教マイクロ波・ミリ波帯集積回路技術をベースにし,RFシステム設計への応用を目指した研究
ナノデバイス集積
[ナノデバイス・
バイオ融合
科学研究所]
吉川 公麿特任教授ワイヤレス集積回路・デバイス・プロセスに関する研究
横山 新教授極微細半導体集積回路作製プロセスに関する研究
岩坂 正和教授生体磁気工学・細胞マニピュレーション・マイクロナノ医工学
中島 安理准教授極微細半導体デバイス作製プロセスに関する研究
小出 哲士准教授ナノ集積回路技術を用いたLSIシステムアーキテクチャ設計に関する研究
黒木 伸一郎准教授材料科学・界面物性を基礎とした半導体デバイス・プロセスの研究
雨宮 嘉照特任助教半導体光デバイスと作製プロセスの研究
田部井 哲夫特任助教半導体デバイス・プロセスに関する研究

▲ページの最初へ戻る

電気システム情報プログラム →概要

研究室氏名役職研究
システム制御論 山本 透教授制御系設計の高度化と知能化,ならびに産業応用に関する研究
大野 修一准教授ディジタル信号処理,ディジタル通信
脇谷 伸特任講師データベースを用いた制御系設計とその応用
中本 昌由助教ディジタル信号処理システムの設計,電子透かしに関する研究
木下 拓矢助教制御性能評価にに基づく制御系設計に関する研究
電力・エネルギー工学 餘利野 直人教授大規模電力系統の運用・制御・安定性・信頼性,電力自由化,スマートグリッド
造賀 芳文准教授電力系統の解析・計画・運用・制御・最適化,次世代配電系統,分散電源,自然エネルギー
佐々木 豊助教電力系統の運用・最適化・信頼度,経済性評価,分散電源
田岡 智志助教効率的アルゴリズムの設計,実用的Webシステムの開発
生体システム論 辻 敏夫教授生体メカニズムの解明とその医療福祉応用に関する研究
栗田 雄一教授人の運動/感覚/機能のモデル化と応用,生物規範ロボティクス
曽 智助教生物の神経回路モデル/人工生命体の構築と応用
生産システム工学 高橋 勝彦教授効率的,機動的な生産管理システム
森川 克己准教授数学的モデルに基づく生産システムの計画と管理
長沢 敬祐助教サプライチェイン設計,生産管理,在庫管理,物流計画
ロボティクス 石井 抱教授ハイパーヒューマンロボティクスに関する研究
高木 健准教授形状の工夫により新たな機能を創造する研究
松本 祐二助教三次元技術であるホログラフィック技術を応用した研究
姜 明俊助教高速ビジョンの産業応用に関する研究
社会情報学 西崎 一郎教授意思決定,ゲーム理論
林田 智弘准教授社会ネットワーク分析と人工社会を用いた研究
関崎 真也助教電力自由化,デマンドレスポンス

▲ページの最初へ戻る

研究室概要

電子システムプログラム

量子多体物性 (http://home.hiroshima-u.ac.jp/meso/)
半導体や金属等からなるナノメータスケールの微小系では,電子は粒子性と波動性を併せ持った不思議な振る舞いを示します.当研究室では,このような微小系の量子物性について,理論と実験の両面から研究を進めています.トンネル効果や超伝導に代表される量子効果に関する理解を窮め,新しい動作原理に基づく機能デバイスを探求し,その実現を目指します.
キーワード:メゾスコピック系,超伝導,電荷密度波,カーボンナノチューブ,量子計算

量子光学物性 (http://home.hiroshima-u.ac.jp/hikari/)
極限的な光技術の開拓を目指して,フェムト秒パルスレーザ光と半導体量子閉じこめ 構造を駆使したテラヘルツ電磁波・電気信号の発生や制御,半導体中の超高速現象の 解明,さらには現代技術の限界突破が期待される量子光情報技術などを,実験と理論 の両面から研究しています.
キーワード:光半導体デバイス,テラヘルツ電磁波,非線形光学,量子光学,量子情報

量子半導体工学 (http://www.semicon.hiroshima-u.ac.jp/)
次世代の半導体デバイス開発の為に,材料物性・加工プロセス・素子物理の研究を系統的に推進している.原子・分子スケールで制御された半導体極微細構造(ナノ構造)の形成とその量子機能並びに表面・界面物性の研究,極微細MOS トランジスタ及びこれに量子構造を埋め込んだ機能素子の研究開発を行っている.ナノ構造を制御したアモルファスシリコン薄膜太陽電池の開発も進めている.
キーワード: 原子スケール表面・界面物性,量子ナノ構造デバイス,超微細MOSトランジスタ,新材料開発

電子デバイス工学
デバイス設計・試作・測定・シミュレーションを通して,キャリア輸送の観点から電子デバ イスの限界を追求している.150GHz帯域の高速デバイスを用いた回路設計の実現に向けた 回路シミュレーションモデルHiSIMの開発,基礎回路開発,光・電子融合回路実現に向けた キャリアの光・電磁波応答の解明,生体デバイス実現を目指した極低電圧動作デバイス等に 挑戦している.
キーワード: デバイス内輸送現象の解明,ナノメータ量子効果デバイス,基礎回路解析

量子機能材料科学 (http://home.hiroshima-u.ac.jp/pl/)
超集積化素子を構築するためのナノテクノロジーの基盤確立を目指して,STMやAFM,XPS等の最先端表面解析手法を用いてシリコンを中心とする半導体表面・界面の原子・分子単位での制御法の研究を行っている.また,分子素子作成のための基盤材料である自己組織化有機超薄膜形成の研究も行っている.
キーワード: 表面原子分子制御,半導体表面・界面解析,自己組織化ナノ構造形成,ナノテクノロジー

先端集積システム工学 (http://mmw.dsl.hiroshima-u.ac.jp/)
高性能・高機能情報処理システムを実現するためにアナログ・デジタル混載LSI設計技術の研究,アナログ・デジタル融合方式による画像認識処理回路の構成法と設計技術の研究,非線形ダイナミクスを用いた脳型コンピュータのアーキテクチャと回路設計の研究,光電子融合LSI構成法と設計技術の研究,量子構造を用いた情報処理回路アーキテクチャの研究を進めている.
キーワード: アナログデジタル融合知能処理LSI,脳形コンピュータ回路,電子光融合LSI,超低電力・高機能回路,通信用LSI

ナノデバイス集積/ナノデバイス・バイオ融合科学研究所 (http://www.rcis.hiroshima-u.ac.jp/rcns/)
本研究センターでは,より人間に近い機能を有する超高性能コンピュータシステムの実現のために,その設計原理(アーキテクチャ)の研究と,これを実現するためのハードウェアの研究を総合的に推進している.このためにナノスケールデバイスを用いた超大規模LSI,光・電子融合LSI及びメモリベースコンピューターシステムの研究を進めている.
キーワード: 30nmゲート長の超微細MOSトランジスタの開発,メモリベースコシステムンピュータの設計原理の研究

▲ページの最初へ戻る

電気システム情報プログラム

システム制御論 (http://www.cse.hiroshima-u.ac.jp/)
マトリクス理論,システム理論,制御理論,信号理論,通信理論などの基礎知識を習得した後,ディジタル信号・画像処理,ディジタルフィルタの解析・設計・合成,適応フィルタの解析・設計,カルマンフィルタの応用,ディジタル通信などのテーマについて,コンピュータシステムを駆使して研究を遂行している.
キーワード: ディジタル信号処理, 非線形画像処理, 多次元システム理論,ディジタル通信

電力・エネルギー工学 (http://www.power.hiroshima-u.ac.jp/)
主に電力システムの運用,計画,解析,制御に関する研究を行っている.電力システムは多数の発電所や負荷を含む大規模・非線形な複雑なシステムであるので,問題解決のために種々の最適化手法や解析技術,制御理論,人工知能的アプローチ(AI)を駆使し,理論構築やその応用,効率的アルゴリズムの開発などを行っている.
キーワード: 電力系統解析, 系統運用, 系統計画

生体システム論 (http://www.bsys.hiroshima-u.ac.jp/)
生体機能の計測,解析,モデリングとその工学応用に関する研究を行っている.具体的な研究テーマとしては,人間の運動制御メカニズム解明,生体信号処理法の開発と医用電子工学への応用,知能ロボットのバイオミメティック制御と福祉応用,生体情報に基づくヒューマンインタフェースの開発,ヒューマン−マシンシステムの操作性評価,人工生命体の構築,ニューラルネットや遺伝的アルゴリズムなどのソフトコンピューティングアルゴリズムの開発とハ−ドウェア化,などがある.
キーワード: 運動, 学習, ロボット, 医用電子

システム最適化論 (http://www.sol.hiroshima-u.ac.jp/)
システムの大規模複雑化に伴い,単一の目的よりはむしろ相競合する複数の目的を如何にバランス良く達成するかという多目的最適化への要求が高まっている.現在,多目的システム,ファジィシステム,離散システムに対する最適化理論や意思決定手法の開発と応用に関する研究を,大規模計画法,多目的計画法,ファジィ計画法,メタヒューリスティクス,遺伝的アルゴリズムなどに基づいて遂行している.
キーワード: 多目的, ファジィ, ニューロ, GA

生産システム工学 (http://www.pse.hiroshima-u.ac.jp/)
生産を効率的にするためには,生産資源をどのように計画し管理してゆけばよいかについて研究している.具体的な研究テーマは次のようなものである:生産管理システムの設計,生産計画とスケジューリング,インタラクティブシステムの設計.
キーワード: 生産システム, インタラクティブ システム, スケジューリング, シミュレーション

ロボティクス (http://www.robotics.hiroshima-u.ac.jp/)
ヒトや生物の能力を大幅に超えた人工機械の開発を目指す.例えばヒトの30倍以上 の処理能力を持ったビジョンシステムの構築,ヒトの10倍以上の高速動作を実現す るロボットハンドの開発,及びそれらを組み合わせた応用研究を行っている.一方, メディカル応用に向けたセンシング技術に関する研究も進めている.
キーワード: ロボット, 人間, 感覚, 学習

社会情報学 (http://www.hil.hiroshima-u.ac.jp/)
個人や組織の合理的な意思決定を支援するために,競合あるいは協調関係にある相手の戦略,情報の不確実性,人間の価値観の多様化や行動心理などを考慮に入れた数理的な分析手法およびシミュレーション分析を行っている.具体的には,不確実性下における競合組織間の均衡や合意に関するゲーム理論に基づく数理的な分析,人工社会モデルを用いた経済現象の分析,多属性効用分析に基づく代替案の選択方法,ニューラルネットワークを用いた非線形データ解析などについて研究を行っている.
キーワード: 人間, 情報, ゲーム理論, 意思決定, コンピュータ

▲ページの最初へ戻る