nirui

class_picture

学部教育

カリキュラムの概要

第二類で行われる研究においては,広い範囲の数学,物理及び化学の基礎知識とともに世界中の人々とコミュニケーションするための英語能力が要求されます。そこで,第二類での専門教育においては,電気・電子・システム・情報の各分野を,「電子システム」,「電気システム情報」の2つのプログラムとして切り分け,それぞれの専門科目を基礎から応用まで体系的に学べるカリキュラムを提供することで,確かな基礎力と深い専門性を養います。専門基礎科目や専門科目はプログラム間で重なりをもちながら,それぞれの分野で必要な専門的知識や応用力が得られるように構成されています。

▲ページの最初へ戻る

各プログラムの紹介

各プログラムが目指す専門科目の学習・教育内容は以下のとおりです.
  • 電子システム (Electronic Devices and Systems)
    半導体電子素子,光素及び集積システムを開発する技術者に必要な電磁気学,量子力学,半導体素子工学,電子回路理論などの物理系と電気系の基礎から集積システムの製造・設計技術までを実験や実習を含めて体系的に修得することができます。
  • 電気システム情報 (Electrical, Systems and Information Engineering)
    電気技術に係るシステム制御・設計・管理を行う技術者に必要な電気回路・エネルギー,情報工学,人工知能(AI),計測制御,システム計画管理に関する分野の基礎理論に加えて,電力システム,コンピュータ,ロボット,生体情報システム,社会情報システム等の応用まで学ぶことができ,産業システムや社会システムを分析・設計する上で必要となる技術を習得することができます。

▲ページの最初へ戻る

専門科目

各プログラムが対象とする専門科目を示します.特に◎は主として修得する専門科目を表しています.
プログラム電子システム電気システム情報主な授業内容
専門基礎科目 応用数学(微積分,級数,ベクトル・行列),電子システム,回路理論,プログラミング,工学実験
専門科目 物性工学 電磁気学,量子力学,半導体物性,光物性,ナノ構造デバイス
集積システム 半導体の電子素子,素子製造技術,集積回路の基礎と設計法
電気回路・エネルギー電力・エネルギーの発生・伝送・変換・制御
計測制御 制御システム,ディジタル信号処理,電子回路,ロボット
システム計画管理  インダストリアルエンジニアリング,システム最適化,生産管理
コンピュータ ディジタル計算の原理,計算機のハードウェアとソフトウェア,情報通信ネットワーク
情報数理  確率モデリング,計算の基礎理論,自然言語処理,ヒューマンコンピュータインタラクション

▲ページの最初へ戻る

科目一覧

専門基礎科目

応用数学I, 応用数学II, 応用数学III, 離散数学I, 応用数学総合, 応用数理A, 応用数理C, 確率・統計, 技術英語演習, エネルギーと情報システム概論, 回路理論I, プログラミングI, プログラミングII, プログラミングIII, 電気工学基礎実験I, 電気工学基礎実験II, 電気電子システム工学実験I, 電気電子システム工学実験II

専門科目 物性工学

電気磁気学I, 電気磁気学II, 電気磁気学演習I, 電気磁気学演習II, 電磁波伝送工学, 電子物性基礎, 量子力学, 熱・統計力学, 固体物性論, ナノテクノロジー, 高電圧工学

専門科目 集積システム

半導体デバイス・回路基礎, 固体電子工学, 半導体デバイス工学, 光半導体素子工学, 電子材料工学, 電気電子計測, 過渡現象論, 論理システム設計, CMOS論理回路設計, 半導体プロセス工学, CMOS集積化設計工学

専門科目 電気回路・エネルギー

回路理論II, 電子回路, 電気回路演習, エネルギー発生・変換, 電力システム基礎, 電力システム工学, パワエレ電動機制御, 原子力工学, 電子機器, 電気法規施設管理

専門科目 計測制御

システム制御I, システム制御II, 信号処理工学, 計測制御演習, 生体電気工学, ロボット工学, 通信工学, 電気通信法規

専門科目 システム計画管理

数理計画法, 確率論基礎, シミュレーション工学, システム計画管理演習, 意思決定論, 生産管理論, 社会システム工学

専門科目 コンピュータ

ディジタル回路設計, ソフトウェア工学, 人工知能と機械学習, 計算機ネットワーク

専門科目 情報数理

アルゴリズムとデータ構造, ヒューマンコンピュータインタラクション, 計算理論, 確率モデリング

▲ページの最初へ戻る

取得可能な資格

第二類で取得可能な資格および卒業後に受験可能な(国家)資格は,主として以下のものがあります。ただし、履修科目や資格取得に関する条件があります。

免許

  • 高等学校教諭一種免許状(工業)
    • 指定科目を習得すると卒業後に取得

資格

▲ページの最初へ戻る

大学院への進学

第二類を卒業した多くの学生は、先進的な研究・学際的研究を通じて,創造力・問題解決能力をさらに高めるために広島大学大学院 システムサイバネティクス専攻・量子物質科学専攻・半導体集積科学専攻に進学します。各専攻では、教育面において次の目標を掲げています。

▲ページの最初へ戻る